製品情報

»» 前のページへ戻る

821Bアンテナの3.5GHz帯へ帯域拡張

4G LTE方式の使用周波数帯が拡大され、3.5GHz帯(Band42:3.48〜36.GHz)が2016年度よりNTTドコモ、au、ソフトバンクの3社で運用が開始されました。現状ではサービスエリアが限られ、外部アンテナ端子を持つ端末も発売されていませんが、既存の小型アンテナで帯域を拡張を行いました。

在来品の小型アンテナと全く同じサイズで拡張可能です。

  • 品名

    4G LTE対応 小型アンテナ 

  • 型番

    823B-**-SMAP 

  • 周波数

    800/2100/3500MHz (Band42:3.48〜36.GHz) 

  • アンテナ利得

    公称 3dBi以下 

  • 耐入力

     

  • 全長・重量

     

  • 接栓

    SMA-P型 

  • 備考

    現在、量産は行っておりません。
    Rohs対応品 

最終更新日 : 2017/11/07

バンド拡張前後のV.S.W.R.比較
800/2100/3500MHz帯
(青い線の色の濃いほうが、4G LTE対応品)

3.5GHz帯 V.S.W.R.
3480MHz〜3600MHzの帯域において、
V.S.W.R.は1.65以下に収まりました。

3.5GHz帯スミスチャート図

 

ページトップへ