トヨタスポーツ800のエンジンオーバーホール

トヨタスポーツ800 昭和42年式です。

トヨタスポール800生誕50週年をキッカケに、エンジンオーバーホールに取り組みました。

14年前にも試みましたが、部品が揃わず中断。
最近になり、ピストンなど、トヨタにはないパーツを作って販売する方があらわれて、なんとかなりました。

それでも要のメタル、ブッシュ、ベアリング類が入手困難です。

すんなりとうまくは行かず、何度もエンジン上げ下ろしを行ないました。

 

 

 

 

同時に内装も更新です。

シートは黒から赤に張り替え。
座はあんこ入れ替え。バックは純正を再利用。

センタートンネルとフロアは、サイレンサーとパンチカー-ペットの2層構造。

エンジンルームとのバルクヘッドも、サイレンサーとトリコット生地つきビニルレザーで3層仕上げ。

サイレンサーは最新式です。15ミリ厚のポリエステル製。
大手自動車メーカーに採用されているサイレンサーの素材です。

縫製作業も自分で行ないました。難しい部分は何度もやり直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンデーメカニック

作業は夜中か週末にコツコツと。完成まで2年かかり

 

 

 

 

 

バラバラにばらし洗浄し組み立てます。摩耗が激しく再利用できないクランクシャフトは仲間から部品を譲ってもらい組み上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ