2016.9.28竜巻被害

平成28年9月28日 10:20頃 佐賀市内で複数の竜巻が発生し、弊社も竜巻の直撃を受け、物損被害を受けましたが、事業の操業に影響ありません。

 

気象庁の発表によりますと、

9 月 28 日 10 時頃、佐賀県佐賀市から神埼市にかけて突風が発生し、住家の屋根瓦 や樹木などに被害がありました。 このため 9 月 28 日と 29 日、佐賀地方気象台は職員を気象庁機動調査班(JMA-MOT) として派遣し、現地調査を実施しました。 調査結果は以下のとおりです。

(1)突風をもたらした現象の種類 この突風をもたらした現象は、竜巻と推定した。

(根拠)

・被害の発生時刻に被害地付近を活発な積乱雲が通過中であった。

・渦の目撃証言が複数あった。

・被害や痕跡は、断続的ではあるが帯状に分布していた。

・被害や痕跡から推定した風向は、様々な方向を示していた。

(2)突風の強さの評定 この突風の強さは、風速 45m/s と推定され、日本版改良藤田スケールで JEF1 に 該当する。

(根拠)

・住家の屋根瓦の飛散 ・普通自動車の横ずれ

気象庁のホーム・ページにリンク

dsc00015

トタン波板が剥ぎ飛ばされモチの木の枝に引っ掛かった様子。樹木は東向きと北向きになぎ倒された。

dsc00014

駐車車両には物がぶつかったり、風圧でアンテナが曲がったりしたものがあった。

dsc00020

凄まじい横殴りの風雨、地面に積んでいた瓦は見事に巻き散らされました。

dsc00021

飛来物がぶつかったようです。所々瓦が割れていました。幸い屋根は剥がされずに済みました。

dsc00010

網戸が飛ばされました。積んでいた薪も飛ばされました。 車にトタン板や物が当たった跡がありました。

dsc00024

ぶつかったのはトタンでしょうか。壁に刺さって、擦って、漆喰に突き刺ささった跡があります。

飛ばされたトタンのうち何枚かは行方知れずになりました。

dsc00022

窓枠が切れていました。流石にビックリしました。もし相手が人間だったと思うとゾッといたします。

 

サガ電子工業株式会社は、台風18号に接近にもめげず、今日も鋭意操業中です。

ページトップへ