新工場について

平成25年5月に佐賀市開成から同市久保泉町の第二久保泉工業団地内に本社屋と工場を移転致しました。

社屋は古蔵を移築

創業390年の伝統を誇る佐賀県武雄市若木の造り酒屋「牟田酒造所」の、今は使わくなった酒蔵を2棟と、
昭和10年に建設された佐賀県西有田町の小民家の米蔵と納屋を譲っていただきました。

建物の概要

敷地約1000坪、木造瓦葺き平屋(一部2階)建ての建築面積210坪です。(延床面積約240坪)
敷地の真ん中に建物をロの字型に配置し、中庭のある工場となっております。
作業場は天井高が9m近くある平屋建てです。

sagadenshi01sagadenshi01

先人の知恵を活かしたエコ工場

古民家は建築材料のほとんどが自然素材で出来ています。
新工場の建設資材には梁や柱、壁土、竹など、使える材料は全て再使用しました。
屋根にのっていた約1万枚の古瓦は割らずに建設現場に運び込み、外構に利用しました。従いまして解体現場から建屋の廃棄物は、殆ど出ませんでした。

夏涼しく冬暖かい

この工場は、訪問者を驚かせます。
調湿機能に優れた日本家屋は、不思議に涼しく、そして暖かく感じます。

夏は、井戸水(水温約21度)を汲み上げファンコイルに通し、涼風を得ます。(井戸水クーラー)

冬も井戸水クーラーを利用します。水温が部屋の温度よりも低いので、室内の温度が上がります。しっとりとした空調環境は、人体にとって良い作用です。

冬は、周辺の造園業のヤードに積まれている剪定された雑木をわけてもらい2シーズン乾燥させ3年目に使用します。

地元の家具産地からでる家具の端材。これらを集めて薪ストーブで燃やし暖を取ります。

「里山資本主義」

雑木や無垢材は燃料として使用できるようにチップ状にして出荷すれば有価物ですが、設備が必要です。そのままだと産業廃棄処分料を必要としています。

燃料の姿になる前にタダで譲り受けてきます。

GIVE AND TAKEの精神

造園業者には、工場内の緑化をお願いしたり、地域の野球大会への協賛をしています。

工場で使用する家具類は、スチール製から木製品に変更していきます。

なぜ土蔵を工場に利用する発想をしたのか

一言で言えば、社長の趣味です。「古民家でアンテナを作る」事が、昔からの夢でした。それに加え昨今の以上気象。「エネルギー難」と「節電」。もう電力の力だけでは、ままならない状況下にあります。

なんとか省電力で暑さ寒さをしのぎ、不自然なエアコンの空調から開放され、自然と共生しながら人間らしく「粋」な暮らし方はないだろうか。そして極めて経済的に安価ということも必須条件です。

 

その答えが、蔵で工場を作ることだったのです。

 

日本古来の建築技術で建てられた日本家屋は、先人の知恵が詰まっています。木造・土壁構造は、高温多湿な日本の気候にマッチしており、先人たちは大きなエネルギーを必要としなくても快適に過ごせる術を知っていました。

製造の過程においても、天然の建築素材は極めて省エネルギーです。土壁は稲ワラと土と水を混ぜて自然発酵させたもの。それを竹で組んだ小舞に土壁を塗り付けます。ノコとノミがあれば梁や柱は作れます。解体は極めて簡単で、数百年も放っておけば建物は自ら崩れ、コンクリートの基礎以外はそのまま自然界に還ります。

sagadenshi09sagadenshi05

自然を愛でる

偶に酒蔵や古民家に入った時に、「こんなところで仕事ができたらいいなぁ~」と「やすらぎ」を感じたのですね。過ごす人にいい影響を与えると感じました。

1日の内1/3以上は職場で過ごします。そんな職場の環境は快適でありたい。エアコンでコントロールされた不自然な空間が、はたして人間にとって「本当の快適さ」といえるのだろうか。

土、風、太陽のそのままのエネルギーを活かし、自然の微妙な変化を感じながら生活することで、人間の自然性を取り戻せたらというが、強い思いがありました。
sagadenshi02sagadenshi04

脳の疲れ 急速に回復

九州大 合板などと比較

天然の国産スギの家と、合板など新建材の家とでは住み心地に差があるのかを比較実験している九州大の研究グループが、天然材の家では疲れた脳が回復しやすく、体も活動的な状態になることを突き止めた。九州大での日本木材学会九州支部大会で3日発表する。研究グループの清水邦義助教(農学研究院)は「スギの香りが影響したのでは」と推測する。

研究グループは、大分県日田市特産「津江杉」の家と、広さも見た目も同じ新建材の家を1棟ずつ大学構内に建設。2月から、実験内容を知らない学生10人が1人ずつそれぞれの家で作業したり一晩寝たりするのを、脳科学、生理学、心理学の観点から調べている。

脳科学実験では、パソコンで30分間作業する前後に脳波を測定。新建材の家では作業後、眠いときに多いデルタ波が増加、精神活動が盛んなときに多いガンマ波は減少し、作業で脳が疲れたことを示した。天然材では脳波が作業前後でほとんど変わらず、作業中の脳の疲労が急速に回復したことを示している。
生理学実験では唾液中の成分を計測。天然材では新建材と比べ、交感神経活動が活発なときに増えるアミラレゼが多かった。体が活動的な状態にあったことを意味する。
清水助教は「被験者の脳と体は天然材の方が良い傾向を示した」と説明。「天然材の良さが分かれば国内林業の保護にもつながる」と期待する。

ー平成25年9月2日付けの日本経済新聞の夕刊よりー

工場建設には一般の方も参加されました。大勢の小学生も参加していただきました。
皆様が目をキラキラと輝かせながら左官作業を楽しんでおられた様子がとても印象的でありました。

解体に半年。建築に1年の猛スピードで落成しました。

sagadenshi07sagadenshi03

 

 

 

 

 

 

法人設立40周年

昭和46年創業。昭和49年法人化。お陰様をもちまして40年を越えました。日頃弊社の製品をご愛顧いただいてますユーザー様をはじめ、株主様、関係各位様。恵み豊かな大地、社業を支える風土、そして私達が全く思いもよらないところでお力添えを頂いている事に、心より感謝を申し上げます。

平成27年12月5日には「会社設立40周年記念行事」として、弊社社員と地元の小学4年生と5年生(土壁塗りに参加していただいた当時1・2年生)を招待して音楽会を開催しました。
演奏は大塚茜様(フルート) と金子鈴太郎様(チェロ)。前日からリハーサルに入り当日の時間ギリギリまで練習を重ね、迫力ある演奏を披露していただきました。音に耳を傾ける子どもたちの表情がとても印象に残りました。

演奏者のお二人からは「木の音の響きがとても気持ちいい」とお褒めの言葉をいただきました。

P1110172-15.09.33 P1110112-15.09.33

P1110137-15.09.33 P1110124-18.54.25

ページトップへ